「方向性を当てるだけと聞くと簡単そうに聞こえますが、
エントリー・損切り・利食いというトレードの重要な要素を全て無視していますので、優れたトレーダーでも確率は50%に収束していきます 」

ともっともらしいことを言う人も多いですが実際にどれほどの検証をしてみたんでしょうか

http://ameblo.jp/kagaku/entry-10433880373.html
にある講演資料を見てください。非常に勉強になりました
(元民主党・田中美絵子のせいで田中美栄子氏の論文が探しにくい)

この場合、変動幅を予測しなくてよい、また勝率、ペイアウトの固定しやすいバイナリーオプションという仕組みとの相性がよいと思います。

ルールを考えて勝率を出してペイアウトにあてはめるとやるべきか、やめるべきか簡単にでるのが楽でいいし指標や突発的なニュースで1000pips負けても単なる1敗でしかないのが最大のメリット

ただ胴元がいる賭け事なので胴元が負けるほど勝つと問題が発生しましてクリック証券の旧BOなんかはひどい時はペイアウト1.73倍ぐらいまでなってました。

旧クリックBOでの勝率は55%〜60%ぐらいでしたので必要勝率57.3%の1.73倍では手がだせませんでした。
この方法をfxに当てはめても勝てるんですが利益率は圧倒的にBOが高くなります

なぜバイナリーオプションにこだわるのか

100万を月利20%で増やしたとしても1年で7.5倍の750万程度。
月利20%達成するためにはドル円のレバ25倍だと100pips必要となります。

これがクリックの昔のBOだと勝率58%で月300回トレードすると48回勝ち越し。
5万賭けだと240万の利益、これが12ヶ月で約3000万の利益となり実際クリックでこれ以上稼ぎました。
ただ勝率が50%を切る場合はスゴい勢いでお金が減ると思います。
だから今現在でも短時間BOにこだわり、勝率にこだわるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク