ハイローオーストラリアを基準にして書いてます。

勝率55%、ケリーの公式から賭け額は資金の10%でトレードした場合
(実際は判定待ちの間にもトレードする可能性があるので、あくまで理論値 )

スプレッドハイローであれば最初の資金を100万として1ヶ月に200戦して20勝ちこしとなります。
これを上の通りに賭ければ資金は2.72倍、つまり272万になります。
(10万スタートでやったとしても3ヶ月で15倍の150万です、さらに3ヶ月続くとなんと2千万円越えです※あくまで理論値)
実際にこんな人ばっかりだと私も稼げなくなってしまいそうですが、世の中のパチンコ、競馬などを見てると杞憂なんでしょう。

なので、まずはマーチンや他人の必勝法に頼るのではなく自分で勝率55%を達成する方法を本気で考えることが最も重要な攻略法だと私は思います。
それさえ見つければ2年で100万を1億にすることも夢ではないのです。

こんなに増える可能性がある方法が2週間や1ヶ月のデモで思いつく人は稀でしょう。
ですから世にいう「バイナリーオプションで小遣い稼ぎ」なんてものは存在しないのです。
勝てるならとことん勝てるし、勝てないならいつまでたっても勝てないということです。
自分の貴重な時間と労力を膨大に費やし、見つかるかどうか分からない手法を探し出す作業なので、当然報われない人の方が多い事でしょう。

私もここに至るまでに何年もかかりましたし、兼業の時ですら検証に1日5時間以上を2年間は費やしました。
今もそれなりの時間を費やしてます。(私は時間をトレードではなく検証に費やすべきだと思ってます)
ケチな私はこれを無償、有償に関わらず教えるつもりはありませんが今はPC前にいるときにはなるべくリアルタイムでトレード画像を張ってます。 
これは私自身もネットで色々調べて他人の検証やトレード画像からトレード内容などを調べることができたおかげで勝てるようになった部分もありますのでそれに対するちょっとした恩返しのつもりです。

今はハイローオーストラリアでやってますが、当然判定レート一覧も毎日終了後にデータとしてとってます。
勝てないならばまずはデータを集めるところから始めましょう。
商材屋やセミナー屋から情報を買うぐらいなら1分足のデータを有料で買うべきですよ。

クリック証券なら1分データが2008年分からですが無償でとれるのでまずはクリック証券の口座を開くのがいいと思います。

ただ、2012からは大丈夫だと思いますがそれ以前のはサーバ停止の時のデータがないことと桁数が1つ少ないので検証にはそれなりの加工が必要だと思います。

バイナリーオプションに勝つためにまずやるべきこと

自分が勝ってるのか負けてるのか、勝率はどれぐらいなのか、いつどのぐらい負けてのか。
このぐらいのことを調べるのが面倒くさいならトレードはやめた方がいい。
そもそも勝つための努力が面倒なら勝負などしなければいい。

あなたが天才的なトレーダーで負けたことなんてないというならば別だが凡人でさらに負けてるトレーダーならまずは自分のトレードをしっかり記録してデータを取るところから始めるべき。

そしてとったデータをしっかりと分析するべき。

「己を知って敵を知れば百戦危うからず」のことわざの通り。
こんな事言ってる私も昔は生粋の負け組トレーダーでトレードすることが楽しくてしょうがなかったんですがそれを分析したり反省したりってのは全然してませんでした。
このクセを直せなかったら勝てなかったかもしれません。

スプレッドハイローとハイローの差について調べた結果

http://binarymania.net/teq02.html 

今回は5分足のみでしたが10分、15分についてはすこし変えるだけですぐ作れると思います。
調査期間は2014/04〜2014/08までとなってますので値動きがあまりなかった時期のサンプルとなります。
ペイアウトと勝率は期待値に大きな影響がありますからしっかりと調べてトレードを行うことが重要です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク