ドル円の年平均変動幅は統計的にみると約20%程度で、今年の夏頃までは変動幅が5%程度とほとんど動いてなかった。
そのため、今年は最低の変動幅になるかとも思ってましたが、10月末の黒田砲前後から一気に動きだし1ヶ月で10%以上上昇。
現在はリーマンショック前の最安値124円を狙える位置の120円手前で少し停滞してるが衆議院選などの結果で一気に124円を突破してくる可能性もありそう。

こういう地合いはバイナリーオプションで逆張りする私の手法とは相性が悪いので金額を減らしてのトレードとなっている。

またユーロドルも1.23を割りそうな雰囲気でこちらも一回動き出したら止まらない可能性もありそう。

12月になり相場参加者も徐々に減ってくる中で荒れた動きをする事も考えられる状況ですから無理にトレードする必要もないと思う。



スポンサーリンク
スポンサーリンク