過去の記事はこちら

ユーロドルをバイナリーオプションで攻略中(1)
ユーロドルをバイナリーオプションで攻略中(2)


3月31日から新システムでハイローオーストラリアを使って再びデモトレード。

20150403

4日間でトレード回数は16回、勝率は68%となりトレード回数は予定通り激減しました。
トレード回数は1日平均で4回ですから月で考えると80回程度となり想定通りとなります。
勝率は想定以上の68%ですがこれは試行回数が増えれば予定している59%程度に落ち着くと思います。

さて、勝率59%でペイアウト1.8倍だとどのぐらいの収益が見込めるのか

期待値:0.59×1.8=1.062
収益:80(月のトレード回数)×1.062(期待値)-80(月のトレード回数)=4.95

1回に1万円投資したとすると月で4.95万円の収益
このトレードをするために必要となる資金量をケリーの公式とバルサラの破産確率から計算してやると30万程度となります。
最低の1000円賭けする場合でしたら3万円用意すれば良いということになります。
月5万の収益ですから月のリターンで17%となるので十分といえば十分といえるかもしれません。

しかし、私としては1回に5万賭けしても25万円ぐらいの利益なのでこれを実際にやるかどうかは微妙。

これが勝率0.6まで行けば

期待値:0.6×1.8=1.08
収益:80(月のトレード回数)×1.08(期待値)-80(月のトレード回数)=6.4

1回に1万円投資したとすると月で6.4万円の収益

さらにペイアウトが1.85倍だと

期待値:0.6×1.85=1.11
収益:80(月のトレード回数)×1.073(期待値)-80(月のトレード回数)=8.8

これだと5万賭けで44万となるのでこれぐらいはほしいところ。

前のスプレッドハイロー(ドル円)はこれぐらいの期待値でトレード回数が200回ぐらいなんで利益が相当出せたんですが今はなかなか難しいですね。

勝率をあと少し伸ばしてトレード回数を増やすいいアイデアが出ない。
そもそもベースのトレード回数を1/3にしてるのに勝率が1%程度しか上がらないこのフィルターを何とかしないとどうにもならんね。

対応できる業者を増やすために時間軸を変更してバックテスト

現在作成してますユーロドル対応システムは5分後を予測するものなので対応できる業者がハイローオーストラリア、24optionの夕方以降のみと限定的な利用しかできません。
そこで時間的な問題を解決すべく時間を伸ばした結果が下図となります。

2015年1-3月
20150408

2014年1-12月
20150408-1

時間が延びるほど勝率が下がっていくのがハッキリと分かります。
これのデータからユーロドルはトレンドがでると押し目を作りながら上昇(下降)しやすいということが想像できます。
しかし、勝率は50%を上回っているため順張りするより逆張りが優位なのは間違いありません。
このままではやはり使い物にならないので何らかの工夫をしていく必要があります。

工夫する要素はまだ何点かあるんですが根本的な解決を図らないと勝率60%、トレード回数月200回以上は難しいだろうな。
勝率はまだ57〜59%程度あるんでいいんですがトレード回数が月100回程度ってのが問題。
捨てるには惜しいし、使うには不安というのがこのシステムの現状。
さらにハイローオーストラリアのスプレッドハイローを想定してバックテストした場合

スプレッド0.00005とすると普通に負ける。スプレッド±0.00003でやっと期待値が1になる程度。
2014年1-12月
20150408-2

スプレッドハイローでは全く使い物にならない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク