出版業界の不景気は止まりませんね。

栗田出版販売破綻 落ち込む販売、出版不況象徴 「業界再編避けられぬ」


自営業をやっていた父親が「斜陽産業の1位は倒産しないが2位から10位ぐらいは倒産しやすい」と昔言ってました。
斜陽産業というパイが広がらない中、シェア争いをすることで利益の上がらない無駄な戦いが増えるのが原因だと。

10位以下のもっと小さい会社だと社長も営業している少数精鋭な会社になることが多いので食っていくぐらいはできるみたいです。
私の父親は当然この小さな会社でした。

結局何が言いたいかといいますとバイナリーオプションでも勝算のない無駄なトレードはやめるべきという事です。
少ない資金を一気に増やそうとするムリなトレードは結局破綻してしまいます。
だからといって大金を用意して臨めって話ではなく、自分の精神をコントロールできる金額にすることです。
少額の賭け金だと最初はアルバイトの時給以下の労働対価しか得られないかもしれません。
しかし、金額をきっちりコントロールしておけば負けた時にあわてることなく、冷静なトレードを行えます。
そのうえで自分のトレード実績を見ながら金額を増やしたりトレード内容を見直したりしていけば自ずと資産は増加していきます。
こうなると複利の効果が効いてきて徐々に資産が増えていきます。
1万入金したとしてら絶対に賭け金は1000円です、間違っても1万円で勝負などしてはいけません。

ギリシャ問題の解決(破綻or緊縮どちらでもいいんですが)を待っている身としては今の相場はひたすら休憩です。
ちょっとした発言で上下に振れるのはバイナリーオプションに向かない時期だと私は考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク